中絶を行なうために|中絶手術を受ける時のクリニック選びは自分の体のことも考えて選ぶ
医師

中絶手術を受ける時のクリニック選びは自分の体のことも考えて選ぶ

中絶を行なうために

医者

妊娠の中絶手術とは、正式には人工妊娠中絶といいます。桃居の医療機関でも、中絶を行なうことは可能ですが、中絶は命の問題が関わってきます。なので、母体保護法といわれる法律があり、妊娠から22週未満までと定められています。しかし母体保護法は性暴力による望まない妊娠、または母体の健康上の理由、経済上妊娠の継続が難しい場合には、中絶手術を受けることが認められています。妊娠から22週を過ぎてからの中絶手術は、母体に対してのリスクが大きくなることから行なうことができません。東京のクリニックでは、妊娠12週までは初期中絶手術といい、比較的母体への負担も少ない手術となります。しかしこの12週を過ぎてしまうと、中期中絶手術といい母体へ薬物を投与して、人工的に陣痛を起こすことで流産させることになります。人工流産は、女性の体に負担をかけるものなので、しっかりと考えて東京のクリニックで手術を受けましょう。中絶手術は、どこの産婦人科でも受けられるわけではありません。東京でクリニックを探す場合は、事前に中絶手術を行なっているクリニックかどうかを調べて行くといいでしょう。東京で行なう中絶は難しい手術ではありませんが、女性の体には負担のかかる手術であるということは理解しておきましょう。望まない妊娠を避けるために、ピルや経口避妊薬などがあります。また、アフターピルといわれる緊急避妊薬があります。性行為から3日以内に服用を始めることで避妊の可能性を高めます。確立を下げることが期待できる薬です。